「アイーダ」の凱旋行進のシーン

写真:「アイーダ」の凱旋行進のシーン
(アレーナ・ディ・ヴェローナ、2011年)

発売予定日:2017年4月20日(木)
定 価:1,030円(税込)

次号予告

モーストリー・クラシック6月号は4月20日(木)発売です
定価1030円(税込)お求めはお近くの書店で

モーストリー・クラシック6月号の主な内容

特集:創刊20周年記念号 祝祭の音楽

 モーストリー・クラシックは5月号で第240号になり、創刊から20年を迎えます。20年前というと、携帯電話がようやく一般に普及してきたころでしょうか。その後のコンピューター環境の発達には驚くばかりです。音楽でいえば、LPレコードからCDに切り替わった時代です。札幌のKitaraホール、東京のトリフォニーホール、東京国際フォーラム、新国立劇場、東京オペラシティが今年、開館20周年です。
 来月号は20周年にかけて、お祝いの音楽を特集してみようと思います。ヘンデルの「王宮の花火の音楽」は、オーストリア継承戦争の和議を祝って作曲されました。ヨハン・シュトラウス1世の「ラデツキー行進曲」は、北イタリアの独立運動を鎮圧したラデツキー将軍の勝利を祝って作られました。また、ヴェルディのオペラ「アイーダ」は、スエズ運河開通の祝賀事業の一環として作られたオペラハウスで、初演されました。ワーグナーのバイロイト音楽祭が行われるのはバイロイト祝祭劇場です。

Other Contents

●アンドレア・バッティストーニ