ヨハン・シュトラウス1世

写真:ヨハン・シュトラウス1世

発売予定日:2018年1月20日(土)
定 価:1,030円(税込)

次号予告

モーストリー・クラシック3月号は2018年1月20日(土)発売です。
定価1030円(税込)お求めはお近くの書店で

モーストリー・クラシック3月号の主な内容

特集:クラシック小品の楽しみ

 2018年1月1日に行われるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートはムーティが指揮します。シュトラウス・ファミリーのどの曲がプログラムされるのか、また、シュトラウス・ファミリー以外のどのような作品が演奏されるのか、楽しみです。1月はウィーンからさまざまなオーケストラが来日、ウィンナ・ワルツなどを聴かせます。
 かつては、「ラデツキー行進曲」やウィンナ・ワルツ以外でも、ドヴォルザーク「ユーモレスク」、サン=サーンス「白鳥」、マスネ「タイスの瞑想曲」、ワルトトイフェル「スケーターズ・ワルツ」、グリーグ「ソルヴェイグの歌」などなど、小品集やライトクラシックの録音があり、クラシックを好きになるきっかけにもなっていました。
 こうした小品は、大曲の一部やオペラの間奏曲だったりするものも多いのですが、そうした来歴を含め魅力を探ってみたいと思います。

Other Contents

●ブロムシュテット