ベートーヴェン

写真:ベートーヴェン

発売予定日:2017年11月20日(月)
定 価:1,030円(税込)

次号予告

モーストリー・クラシック1月号は11月20日(月)発売です
定価1030円(税込)お求めはお近くの書店で

モーストリー・クラシック1月号の主な内容

特集:ベートーヴェンが成し遂げたこと・作ったもの

 あと一月もすると第九の季節が始まります。ご存じの通り、ベートーヴェンは第4楽章に独唱と合唱を入れました。この交響曲の枠を拡大した作品は、マーラーやショスタコーヴィチに受け継がれていきます。また、これまでの交響曲の第3楽章はメヌエットでしたが、スケルツォに変えるなど、交響曲の形を変え、「暗から明へ」や「苦悩から歓喜に」といった図式を交響曲に持ち込みました。
 音楽家としての生き方も革新的でした。王室や貴族との主従関係を拒否し、雇われ音楽家ではなく一人の芸術家として生きました(実際は貴族のパトロンに支えられていた面もあります)。これも現代の芸術家につながっています。
 来月号はベートーヴェンの成し遂げたことや作ったものは何だったのか、私たちがそのどこに魅力を感じているのか、を特集します。

Other Contents

●カタリーナ・ワーグナー