ブラームス

写真:ブラームス

発売予定日:2019年8月20日(火)
定 価:1,030円(税込)

次号予告

モーストリー・クラシック10月号は8月20日(火)発売です
定価1030円(税込)お求めはお近くの書店で

モーストリー・クラシック10月号の主な内容

特集:ブラームスの魅力
   交響曲・管弦楽曲・ピアノ曲・ヴァイオリン曲

 梅雨の時期、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」がぴったりと感じます。クララ・シューマンが好きだった歌曲「雨の歌」の主題が使われているため、こう通称されていますが、ブラームス自身は呼んでいなかったそうです。しかし、この曲からは青空は思い浮かびません。シェリングとルービンシュタインの録音など潤いがたっぷりです。
 来月号は久しぶりにブラームスを特集します。交響曲、ピアノ曲、どのジャンルにも人気作品があります。そういえば先日のチャイコフスキー・コンクールで優勝したアレクサンドル・カントロフはファイナルでブラームスのピアノ協奏曲第2番を演奏しました。ブラームスの魅力とはどのようなものでしょうか。特集で探ってみたいと思います。

Other Contents

●「宮本文昭の気軽に話そう」のゲスト、森麻季