チャイコフスキー

写真:シューベルト

発売予定:2021年4月20日(火)
定価:雑誌版 1,080円(税込)
デジタル版 980円(税込)

次号予告

モーストリー・クラシック6月号は4月20日(火)発売です。
定価1080円(税込)お求めはお近くの書店で

モーストリー・クラシック2021年6月号の主な内容

特集:ベートーヴェンとシューベルト

 ベートーヴェンは1770年にボンで生まれ、1827年にウィーンで亡くなりました。シューベルトは1797年、ウィーン郊外で生まれました。ベートーヴェンとは一世代違いますが、亡くなったのは1828年。ベートーヴェンの1年後です。2人はウィーンで同じ空気を吸っていました。しかし、その感じ方、見える風景は違ったでしょう。ベートーヴェンは「傑作の森」と言われる時代を経て、晩年に至るまで傑作を生み出し続けました。早熟のシューベルトは1810年代半ばから作品を量産していきます。当時は、メッテルニヒの保守反動政権下にあり、自由を求める芸術家にとっては決して生きやすい状況ではなかったはずです。大家ベートーヴェンと、彼を終生敬愛したシューベルトという2人の晩年を通して、音楽芸術にとって極めて濃密な時代に光を当てます。

Other Contents

●フェスタサマーミューザKAWASAKI