少年時代のモーツァルト

写真:少年時代のモーツァルト

発売予定日:2017年8月19日(土)
定 価:1,030円(税込)

次号予告

モーストリー・クラシック10月号は8月19日(土)発売です
定価1030円(税込)お求めはお近くの書店で

モーストリー・クラシック10月号の主な内容

特集:クラシックは神童だらけ!

 将棋の藤井聡太四段の大活躍に日本中がわきました。連勝記録は29でストップしてしまいましたが、今後も将棋界に旋風を巻き起こすのではないでしょうか。藤井四段は中学3年生で、7月に15歳になったばかりです。
 クラシックの世界を見渡してみれば、神童や早熟の天才がごろごろしています。モーツァルトは、3歳でチェンバロを弾き、5歳で作曲を始めました。7歳の時に出会ったゲーテは後に、「ラファエロ、シェークスピアと並ぶ天才」と書いています。13歳の時、ヴァチカンの秘曲、アレグリの「ミゼレーレ」を2回聴いただけで記憶し、完璧に記譜して驚かせた逸話は有名です。14歳の時には最初のオペラ「ポントの王ミトリダーテ」を作曲しているのです。もちろん、父親の英才教育のおかげもあったでしょう。
 演奏家にもいます。アルゲリッチは2歳でピアノを弾き始め、8歳でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を演奏しました。16歳の時にはブゾーニ国際ピアノコンクールで優勝しています。ルービンシュタインやメニューインらも神童の名前をほしいままにしました。来月号はクラシックの神童たちを特集します。

Other Contents

●パシフィック・ミュージック・フェスティバル